おいしい肉じゃがのレシピ

肉や魚などの動物性蛋白質を少量使って料理のうまみを出すのも、日本のおかずの特色の一つです。その中でも肉じゃがは、昔ながらのおふくろの味になっています。さて肉じゃがには何の肉を入れて料理をしますか。豚肉派、牛肉派いろいろな人がいると思います。これから牛肉を使った肉じゃがのレシピ、を紹介します。すべて4人分の材料になります。

用意する材料はジャガイモ400g、ニンジン一本、玉ねぎ一個、糸こんにゃく一袋、グリンピース(冷凍)大匙2、醤油大匙4、砂糖大匙2、みりん大匙2、酒大匙2、サラダ油大匙1です。ジャガイモは一口大に切って面取りして、水にさらしておきます。ニンジンは7~8ミリの厚さに半月切りにして、玉ねぎはざく切りにします。糸こんにゃくは2分ほど下ゆでして、食べやすく切ってグリンピースは熱湯に入れて、解凍して水にとります。牛肉は3センチ幅に切ります。鍋に油を熱して水けをきったジャガイモを炒めていきます。透き通ってきたところで肉を炒めて、糸こんにゃく玉ねぎの順番に炒めて、酒を振り入れて玉ねぎが透き通るまで炒めます。炒めるのが終わったら水をひたひたに注ぎます。煮立ったら火を弱めてあくを取り、醤油砂糖みりんで作っただし汁とニンジンを加えて、落し蓋をして15分ほど煮込んでいきます。ジャガイモが柔らかくなったらグリーンピースを散らして、ひと煮します。以上がおいしい牛肉を使った、肉じゃがのレシピになります。

このレシピのポイントは、ジャガイモを炒めたところに牛肉を入れるのがポイントになっています。先に牛肉を炒めてしまう、と肉のうまみが全部出てしまいますし、口当たりも固くなってしまいます。これは4人分のレシピですが、大量に作る場合は業務用の肉を調達すると一人あたりの単価が安くなり、おいしくてお得な肉じゃがが出来上がってきます。風味を出すために、にらを入れてもおいしく出来上がってきます。肉じゃがはできたてのものよりしばらく時間がったたものが、材料にだし汁がしみ込んでおいしくなってきます。今日作ったものより、一晩立ったものがおいしいのはそのためです。料理が終わってからすぐに食卓に出すのではなく、少し冷ましてから出すのもポイントになっています。さめればさめるほど口の中でうまみが、大きくなってきます。