肉アバンギャルドで話題のエイジングビーフを!

最近話題のエイジングビーフをご存知ですか。エイジングビーフとは熟成肉のことです。これは採れたてを食べるのではなく、時間を置くことで食べごろとなった肉のことです。食材には全て「食べごろ」というものがあります。魚介類の場合は採れたてが美味しく食べられる食べ頃ですし、ラムも新鮮なうちに食べるのが美味しいと言われています。そして、牛肉の場合は熟成させた方が美味しく食べられます。その熟成時間は300時間以上とされており、その間、温度管理をしっかりすることで肉自体が持つ酵素によりタンパク質を分解して柔らかくし、旨味成分であるアミノ酸を増やすことができるので、より美味しく食べることができるのです。そんなエイジングビーフを食べるなら「肉アバンギャルド」がおすすめです。
「肉アバンギャルド」はエイジングビーフ専門店で、ドライエイジングしたビーフを1番美味しい食べ方で食べることができます。ドライエイジングとは湿度室温を徹底管理し、熟成後は表面が乾燥し、重量は熟成前より20%から30%程度減ります。その分、旨味が凝縮した状態になります。そして食べる際には周りの余分な部分をそぎ落とし、1番美味しい部分を食べることができるのです。このようなことから、エイジングビーフは贅沢な食べ方とも言えます。そんなエイジングビーフはお店ではステーキではなく、タタキとして提供されます。エイジングビーフは水分か少ないため、ステーキにしてしまうとパサパサの状態になってしまうからです。エイジングビーフ専門店はそれを考慮し、1番旨味を味わえるタタキで提供しています。そして、こちらのお店では専門店ならではの部位を食べることができます。リブロースやサーロインはもちろん、「内もも」もメニューにあります。「内もも」を提供するお店はあまりなく、このお店ならではと言えます。また、「しんたま」は内ももの下の部分の赤身肉で、他の部位より脂肪が少なくさっぱりと食べることができます。そしてこのお店ではエイジングビーフに合う前菜などのメニューも豊富にあります。ドリンクもエイジングビーフに合うワインはもちろん豊富にあり、ビールやソフトドリンクもあります。
このように「肉アバンギャルド」では贅沢な食べ方であるエイジングビーフを美味しく食べることができます。柔らかく旨味の凝縮したビーフを堪能したいという方やリッチな食べ方をしてみたいという方におすすめです。